トイレ詰まりはリフォームで解決できる~ピカピカリフォーム~

作業員

住宅ローンについて

ラバーカップ

リフォームはタイミングも重要です

家を新築で購入(建設)したときに、多くの場合長期の住宅ローンを組んでいます。例えば30年の住宅ローンを組むときにリフォームをするということを予め計画に入れておく場合とそうでない場合では、財政面での余裕が全然違ったものになります。普通は家を購入(建設)して20年もすればどこかしら痛みや劣化が出てきます。そのまま放っておくのは虫歯を放っておくようなもので悪くなる一方で決してよくなることはありません。ましてやローン返済の30年間で一度もリフォームをしないと言うのはあまり現実的ではないのです。 リフォームする場合には、余裕を持って500万円から700万円ぐらいはかかると見積もっておいた方がいいでしょう。

工夫をして家の価値を上げよう

建物の価値は20年もすれば0円になると言われています。これは婚活するときに年齢と共に価値が下がっていくのと似ています。人間の場合は老化のスピードをいくらか遅くすることはできても、10年前也20年前の若さを戻すことはほぼ不可能です。ですが、住宅は違います。リフォームをすることで生まれた時と同じような状態に戻すことができるのです。これは見方を変えれば、それだけ家自体の価値が上がることになり、そのまま住むにしても第三者に手渡すにしてもリフォームそのものにはそれなりの価値があるということです。さらにリノベーションをするなどして、家の価値を購入時以上に上げることも可能です。もちろんリノベーションでも数百万円かそれ以上のお金がかかりますので、計画的に行う必要がある点はリフォームと変わりません。